LetoPAHETON

Nigel Cabourn woman

Nigel Cabourn woman - M-51 Type COAT - DARK OLIVE

  • ¥ 121,000円 - tax in
  • SOLD OUT

ナイジェルケーボン ウーマン《M-51タイプ コート》ダークオリーブ

1950年代、アメリカ軍でフィールドジャケットの上に羽織るオーバーコートとして採用されたパーカ。その51年型モデルが、M-51と呼ばれるもので、フィッシュテールとも呼ばれる燕尾状の裾が特徴的。高めに位置したウエストシェイプや、贅沢なフードのコヨーテファー(取り外し可能)など、タフな印象を残しつつ、女性らしく洗礼されたシルエットにアップデート。ファブリックには、肉厚なコットンツイルのような風合いのHALFTEXを使用。見た目のボリュームから想像出来ないくらいの、とても軽い着心地。キルティングライナーは取り外し可能で、ショートブルゾンのように1枚で。広いシーズンで着用できるコートです。




(SIZE)
6 (S)(肩幅 56cm 身幅 60cm 着丈 96cm 袖丈 50cm)
8 (M)(肩幅 58cm 身幅 62cm 着丈 100cm 袖丈 50cm)


(素材)
表地 ナイロン 100%
裏地 ナイロン 100%
毛皮部分 コヨーテ
ライナー ナイロン 100%
中綿 ポリエステル100%


(生産国)
Japan

《Nigel Cabourn ナイジェル・ジョン・ケーボン》

1949年イギリス生まれ。
17才でニューカッスル・アポン・タイン大学のファッション学科に入学。 ファッションキャリアのスタート地点に立つ。
カレッジの最後の年に自らの会社"CLRICKET CLOTHING LTD."を起ち上げる。
3年後にはパリで行われたメンズウェアショー"S.E.H.M"に出展。ハリス・ツイードを使ったコレクションを発表。
本格的に海外への展開を開始。
1996年ロンドンのコベント・ガーデンにNigel Cabourn一号店をオープン。
ナイジェル・ケーボンのコレクションは現在ふたつのラインで展開されている。
ひとつは日本で生産されている。"Main Line メイン・ライン"。もうひとつがイギリスのメーカーで可能な限りイギリス産の生地を使って生産する"Authentic Line オーセンティク・ライン"である。

*PC、モニター、ブラウザーの環境により実際の色やイメージと異なる場合がございます。ご了承下さい。
ご不明な点等は、Phaetonフェートン ( shopmaster@phaeton-co.com ) までお問い合わせください。